スポンサーリンク
未分類

喪中に初詣は行ってもいいの?

身内が亡くなった後のお正月、喪中ですが初詣に行っても問題ないのでしょうか?喪中なのだから、控えた方が良いのか?それとも行っても大丈夫なのか?「喪中」か「忌中」かによって、初詣できるかどうか変わってきます。ここでは、それぞれの期間の初詣についてまとめました。
未分類

喪中はがき

喪中はがきを送るタイミングが遅れてしまうと、先方が既に年賀状を投函してしまう事もあり、要らぬ気を使わせてしまう場合があります。喪中はがきの基本的なマナーを守って、年賀状欠礼のご挨拶を行う事がとても重要です。
未分類

百箇日法要のマナー

四十九日の後に行われる百箇日の法要は、ほかの法要などと比べて知名度が高くありませんが百箇日は仏様にとって実は大切な法要なのです。ここでは百箇日でのマナー、服装などの注意すべき点についてご紹介します。
未分類

百箇日法要とは

百箇日(ひゃっかにち)とは故人が亡くなってから(命日から)100日目のことをいい、その際に行う法要を「百箇日法要」といいます。卒哭忌とも呼ばれ、故人にとっても遺族にとっても節目となる大事な法要です。
未分類

三途の川の渡り方

「三途の川」(さんずのかわ)とは、この世とあの世の間を流れている河のことです。この川を越えると、もう戻ってこれません。死後の世界に行きます。この世と死後を分ける三途の川とは一体どんな川なのでしょうか?
未分類

四十九日のお供え物は?

葬儀が一段落すると、あっという間に訪れる「四十九日法要」。四十九日の案内が来たら、お供え物はどのように準備したらいいのでしょうか。
未分類

四十九日法要のマナー

四十九日までに行われる法要について。忌日(きにち)とは、故人の亡くなった日のことです。仏教では、この日を基準にして節目ごとに法要を行うこととされています。これらの法要を「忌日法要」と言います。
未分類

四十九日までに行われる法要

四十九日までに行われる法要について。忌日(きにち)とは、故人の亡くなった日のことです。仏教では、この日を基準にして節目ごとに法要を行うこととされています。これらの法要を「忌日法要」と言います。
未分類

美濃焼のモダン仏具セット

四十九日までに行われる法要について。忌日(きにち)とは、故人の亡くなった日のことです。仏教では、この日を基準にして節目ごとに法要を行うこととされています。これらの法要を「忌日法要」と言います。
スポンサーリンク